AKA療法専門でやっている接骨院!腰痛から寝違え、手足のしびれまで幅広く対応!

当院の施術方法

【AKA療法】
施術風景

AKAとはアルスロキネマティックアプローチArthrokinematicApproach(関節運動学的アプローチ)の略で、元々は整形外科医の博田節夫先生の生み出した徒手療法です。

関節の機能を回復させることにより、腰痛などの痛み、手足のしびれの改善や肩こりなど、硬くなった筋肉を緩める施術法で、その効果には驚くものがあります。

現在、AKA博田法それ自体は習得を医師のみに門戸を閉ざしていますが、関節運動学に対する研究とそれに基づいたテクニックは日々リハビリを行う医療従事者たちの間で浸透、発展していき、痛みやしびれにアプローチする現場では最先端の分野だと思われます。

体に無数にある関節その一つ一つを丁寧に調整していくのですが、中でも重要視されているのが骨盤にある仙腸関節です。

事前に細かな検査を行いますが、多くの場合、肩こりでも、ひざに痛みのある方でも最初に施術するのがこの関節になります。この仙腸関節を手で丁寧に調整するわけですが、実際に動く範囲は1~2mmといわれており、そのわずかな動きを手で感じ調節します。ごくわずかな動きですので、患者さんは痛みをほとんど感じません。そのソフトなタッチのため「こんなに優しい触り方で長年硬く凝り固まっていた筋肉が柔らかくなるなんて」と驚かれる方もいらっしゃいます。

昨今、骨盤矯正というとバキッとやるのが当たり前かと思われているようですが、安易に強い負荷を骨盤に加えるのは大変危険な方法であると考えています。骨盤は非常にデリケートな場所で、人体にとって非常に重要であり背骨の配列、姿勢、歩行動作などから睡眠までありとあらゆる事に影響を与えます。繊細で丁寧な施術が求められ、それ以前に精密な徒手検査が必須です。長時間の座り姿勢から来る腰痛や、その反対に立ちっぱなしからくる負担による腰痛、出産や育児による骨盤の調整に最先端の技術でアプローチします。もちろん仙腸関節のみでなく他の関節であるや首や肩、ひざ、肋骨や足首など機能障害のある関節は全て調整します。関節内運動である数ミリの動きを感じ取り、それを調節する事からAKA整体は習得するのが非常に困難なテクニックであり、私も長年寝る間を惜しんで関節と向き合うことで技術を磨いてきました。今でも毎月勉強会、研修会に参加し日々発展していく関節運動学の習得に努力しており、技術に自信があります。他院でAKA療法を受けたけど治らなかったという方もぜひ、当店へお越しください。

AKA療法は『 国家資格取得者 』 による安全な施術です。
国家資格「柔道整復師」は厚生労働省が認定する資格であり、受験するためには、大学や専門学校で最低3年間、人体について専門的な知識と技術を学び卒業する必要があります。卒業後、国家試験に合格した者のみに与えられる資格であり、身体に関わるものにとっては必須であると考えています。大切なお体です。その場しのぎのマッサージ、シップや飲み薬でお体をごまかさず、専門的な問診や検査、施術によってお悩みの症状を根本から改善していきましょう。

【ハイボルテージ療法(別途1000円)】
ハイボルテージ
ハイボルテージは通常の電気治療器より深くまで刺激することが出来る機械で、根深い筋肉の硬さや、関節を緩めるのに最適です。写真のようにプローブを手で持ち原因となっている筋や関節を個別に狙って治療していきます。
ハイボルテージ後には、マイクロカレント(微弱電流)という体の回復力、免疫力を高める電気を流し本来あるべき体の状態へと導きます。

当院では、患者様への問診、ご説明に力を入れています。どんな些細な事でもお気軽にお尋ねください。また、治らない症状なのに通わせたり、こちらから過度に通院を促すような事は一切しておりません。安心してご来院ください。